インターネットで集客する新しいネットワークビジネス

成功者の真似をするな!成功者はすでに過去の人

2021/06/18
 
かもめの行列
この記事を書いている人 - WRITER -

成功哲学の本などでよく「成功者の真似をしろ」とでてきますよね。

ネットワークビジネスでもアップの真似をしろとはよく言われます。

たしかに初心者レベルではその通りだと思います。

始めは自己流を避けてアップのノウハウを学んでいくのが
近道なのです。

しかしある程度のレベルに行ったら「成功者の真似をしろ」に、
「今稼いでいる人の真似をする」と、さらに「その人を超える気持ちで」という
二つの言葉をプラスして活動します。

 

*「今稼いでいる人の真似をする」とは

今ほど時代の変化が高速な時代は過去にありません。

一昔前のノウハウが全く役に立たないことがあるのです。

例えばインターネットの活動では、
とにかくホームページをつくればいいという時代がありました。

ヤフーカテゴリーに申請すればどんなサイトでも登録OKという時代です。

その次はメルマガです。

メルマガで大儲けした人が出た時代。

そしてブログの時代。
ブログから本を出版して大稼ぎした人も出ました。

そして最近ではSNSが主流になっています。

FaceBookからツイッター、そしてインスタグラム。

わずか数年での劇的な変化を目の当たりにして驚くばかりですね。

時代に追いついていかなければなりません。
そのための努力と研究は必須です。

つまり、成功者といってもすでに陳腐化したノウハウでは
使えないということです。

現在進行形の、今、稼いでいる人の真似をしなければならないのです。

 

*「その人を超える気持ちで」とは

今、稼いでいる人の真似をしてさらにその人を超えるくらいの勢いが必要です。

その人を追いかけるだけでは時代の変化の後ろをついて行っているだけなのです。

時代とともに行動しさらにその先の変化をも予測できれば
大きな成果が期待できるでしょう。

そして、もう一つのポイントは、ネットワークビジネス業界以外の、
今成功している人の考え方ややり方を学ぶことです。

そして、それを自分のビジネスで活かすことなのです。

そこには自分なりの創意工夫が必要になってきますね。

この、時代の変化スピードは高速です。

今の成功者が今稼げるノウハウを持っていても、ぼやぼやしていたり
進歩を怠けてそれについていけなくなったりしたらすぐに過去の人なのです。

変化についていけなければ明日はありません。

結論は、ただ誰かの真似をしていれば何とかなるという考え方は
捨てるべきだということなのです。

その真似が自分にとって価値があるものなのかどうか、
この先通用するものかどうか。

常に問いながら自分独自のノウハウを確立し続けてゆく。

ダーウィンの言葉。
「強いものが生き残るのではない。変化に対応できるものが生き残るのだ。」

 

 

マルチっていうと悪どいビジネスだと思われているのは心外です

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Copyright© 完全在宅ビジネス<オンラインMLM> , 2020 All Rights Reserved.