インターネットで集客する新しいネットワークビジネス

◆口コミネットワークビジネスの「ABC」が違法行為にならないように

2021/06/18
 
この記事を書いている人 - WRITER -

「ABC」というと一般に「○○○の初歩、入門」という意味もありますが、
ここではネットワークビジネスの勧誘手法である
「ABC」のことを書いています。

1人対1人で勧誘するというのはごく当たり前のやり方で
特に解説することもないでしょう。

「ABC」は2人対1人で行うやり方です。

Aは、「Adviser」の略で、ビジネスや製品を説明する役の人です。

Bさんの紹介者や更にその上のアップが務めます。

Bは、「Bridge」の略で橋渡し役の人、つまり見込み客を連れていく人です。

Cは、「Customer」の略で見込み客、つまりBさんの友人や知人です。

 

●「ABC」の流れ

 

まずBさんは友人Cさんを勧誘したいと考えます。

そこでCさんに電話をかけ適当な理由を作って
ファミレスやカフェ等に誘います。

そこでは説明役であるAさんが、すでに待ち構えています。

そこでBさんは、説明役であるAさんに、友人Cさんを紹介します。

Bさんはこのビジネスの初心者です。

アップのAさんがBさんに代わってCさんにビジネスの説明をします。

AさんがCさんに説明している間、BさんはAさんの話に頷いたり
相槌をうったりしながら口は挟まない様にします。

そしてAさんの話し方や態度などを学びます。

Cさんは話に納得してビジネスに参加することを決断します。

そして将来Cさんが新しくDさんをリクルートする時には
BさんがAさん役になります。

 

●事前に「ティーアップ」をしておくことが大切

 

「ABC」の最中、BさんはAさん、Cさんの発言に対して頷いたり
それなりの反応をして、場の盛り上げ役に徹します。

そしてAさんの情報を「ABC」を行う前にCさんに伝えておくことが
重要です。

これを「ティーアップ」といいます。

CさんにAさんを信頼してもらい興味を持ってもらえるように
前もってセッティングしておくということですね。

 

●「ABC」という勧誘手法が必要な理由

 

Bさんはビジネス初心者です。

まだ他人を勧誘した経験もありません。

ビジネスや製品の知識もまだまだ勉強中という段階です。

自分に確信、自信があったとしても、ビジネス初心者では
なかなか相手にしてもらえません。

そこで既に実績のあるアップの力を借りるということになります。

ビジネス初心者のBさんが孤軍奮闘するよりは
はるかに合理的な方法と考えられています。

 

●「ABC」が違法行為とみなされる恐れがある

 

AさんがBさんにかわってCさんに説明すること自体は
問題ないでしょう。

問題は見込み客を連れて来るさい、
予め内容や目的を明確にしているかどうかという点です。

特定商取引法という法律では、MLMの勧誘行為をするときには
事前に会社名や内容を全て告げなくてはならない、
ということになっています。

しかし、詳しいことはAさんから話すのが「ABC」の鉄則です。

事前にどこまで説明していれば法に抵触しないのか?

事前に全て詳しく説明してしまっては「ABC」をする意味が
なくなりますし、来る人はどれほどいるでしょうか。

 

●<オンラインMLM>に「ABC」という手法はありません

 

<オンラインMLM>では勧誘をしません。

インターネットで集客するため勧誘にまつわる問題は
いっさい気にする必要がないのです。

 

◆成功への道程―真の快楽は苦痛を選択した者だけに与えられる

 

 

↓↓↓↓↓クリック↓↓↓↓↓

LP誘導

完全在宅ビジネス<オンラインMLM>はコロナ発生以前からの活動です。

&nb
この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© 完全在宅ビジネス<オンラインMLM> , 2016 All Rights Reserved.