インターネットで集客する新しいネットワークビジネス

◆わかりにくいMLM(ネットワークビジネス)のボーナスプランについて

2024/05/12
 
財布と札
この記事を書いている人 - WRITER -

 

ネットワークビジネス(MLM)のボーナスプランは、会員が報酬を得る条件、
仕組みを定めたものです。

プランによって報酬の計算方法や条件が異なり難解で複雑なものです。
そのためしっかりと理解するにはこの記事のような文字情報だけでなく
アップに直接学ぶことも必要です。

 

*主なボーナスプランの種類

 

主に以下の5つのボーナスプランがあります。

●ユニレベルプラン

●バイナリープラン

●マトリックスプラン

●ブレイクアウェイプラン

●ハイブリッドプラン

 

*それぞれのプランをひとつずつ説明します

 

ユニレベルプラン

ユニレベルプランは、最もシンプルなボーナスプランです。
ユニレベルの「ユニ」は「第一の」「単一の」という意味です。
フロントライン(第一レベル:直紹介)を制限なく横に並べられます。

紹介した人数に応じて報酬が得られる仕組みとなっており、
組織の深さに関係なく、紹介した人数に比例して報酬が増えます。

但し報酬の対象になるレベル数に制限が設けられていることが多いです。

■ユニレベルプランの特徴
  • シンプルでわかりやすい:他のプランに比べて、仕組みがシンプルでわかりやすいのが特徴です。
  • 組織育成の必要性が低い:組織の深さに関係なく報酬が得られるため、
    組織育成の必要性は低いと言えます。
  • 収入の上限がある:組織の広がりに制限があるため、収入の上限があると言えます。
■ユニレベルプランの報酬計算方法

ユニレベルプランの報酬計算方法は、以下の通りです。

  • 販売報酬:自分が販売した製品の利益の一部が報酬として支払われます。
  • 組織報酬:紹介した人が販売した製品の利益の一部が報酬として支払われます。
    報酬の利率は、紹介した人のランクによって異なります。
■ユニレベルプランのメリット
  • シンプルでわかりやすい:仕組みがシンプルでわかりやすい。
  • 自分のペースで取り組める:組織育成の必要性が低いので、
    自分のペースで取り組むことができます。
  • 複数収入源を得られる:販売報酬と組織報酬の2つの収入源を得ることができます。
■ユニレベルプランのデメリット
  • 収入の上限がある:組織の広がりに制限があるため、収入の上限があります。
■ユニレベルプランが向いている人
  • 自分のペースで取り組みたい人
  • 複数収入源を得たい人
  • 組織育成が苦手な人
■ユニレベルプランで成功するには

ユニレベルプランで成功するには、以下のようなことが重要です。

  • 多くの人に製品を紹介すること
  • ダウンラインを育成すること
  • モチベーションを維持すること

 

バイナリープラン

バイナリープランは、ボーナスプランの中でも、比較的シンプルな仕組みで人気のあるプランです。

左右2つの組織をそれぞれ育成していくプランであり、左右どちらかの組織が一定の人数に到達すると、
報酬が得られる仕組みになっています。
左右2つの組織のバランスが重要になります。

■バイナリープランの特徴

仕組みがシンプルでわかりやすいプランです。

  • 組織育成がしやすい:左右2つの組織を育成する必要があるため、組織育成がしやすいと言えます。
  • 収入の上限が高い:組織が大きくなればなるほど、収入が大きく増加する可能性があります。
  • 競争が激しい:左右どちらかの組織を先に育成する必要があるため、競争が激しいと言えます。
■バイナリープランの報酬計算方法

バイナリープランの報酬計算方法は、一般的には以下の通りです。

  • 販売報酬:自分が販売した製品の利益の一部が報酬として支払われます。
  • 組織報酬:左右どちらかの組織で販売された製品の利益の一部が報酬として支払われます。
    組織報酬の利率は、組織のランクによって異なります。
■バイナリープランのメリット
  • 組織育成がしやすい:左右2つの組織を育成する必要があるため、組織育成がしやすいと言えます。
  • 収入の上限が高い:組織が大きくなればなるほど、収入が大きく増加する可能性があります。
■バイナリープランのデメリット
  • 競争が激しい:左右どちらかの組織を先に育成する必要があるため、競争が激しいと言えます。
  • 組織が左右どちらかに偏る傾向がある:組織が左右どちらかに偏ると少ない方で計算されるため
    バランスを取る必要があります。

 

マトリックスプラン

マトリックスプランは、複雑なボーナスプランの一つです。
縦横複数階層の組織を育成していくプランであり、それぞれの階層で報酬が得られます。
組織が大きくなれば大きな報酬を得られる可能性がありますが、複雑な仕組みゆえに理解が難しく、
成功するためには高度な組織育成スキルとリーダーシップが必要となります。

■マトリックスプランの特徴

複雑な仕組み: 縦横複数階層の組織を育成していくため、仕組みが複雑で理解するのが難しい。

  • 組織育成の重要性: 組織が大きくなればなるほど報酬が増えるため、
    組織育成スキルが非常に重要。
  • リーダーシップの必要性: ダウンラインを育成し、組織を維持していくためには、
    リーダーシップが必要。
  • 高収入の可能性: 組織が大きくなれば大きな報酬を得られる可能性がある。
■マトリックスプランの報酬計算方法

マトリックスプランの報酬計算方法は、プランによって複雑に異なりますが、
一般的には以下の要素で報酬が算出されます。

  • 販売報酬: 自分が販売した製品の利益の一部が報酬として支払われる。
  • 組織報酬: 紹介した人が販売した製品の利益の一部が報酬として支払われる。
  • 組織報酬の利率は、紹介した人のランクと組織の位置によって異なる。
  • オーバーライド報酬: ダウンラインが一定のランクに到達した際に支払われる報酬。
■マトリックスプランのメリット
  • 高収入の可能性: 組織が大きくなればなるほど報酬が増えるため、高収入を得られる可能性がある。
  • 複数収入源: 販売報酬、組織報酬、オーバーライド報酬の3つの収入源を得られる。
  • やりがい: 組織を育成していく達成感を得られる。
■マトリックスプランのデメリット
  • 複雑な仕組み: 理解するのが難しく、参加ハードルが高い。
  • 組織育成の難しさ: 組織を育成するには、時間と労力が必要。
  • リーダーシップの必要性: ダウンラインを育成し、組織を維持していくためには、リーダーシップが必要。
  • リスク: 組織が成長しなければ、十分な報酬を得られない可能性がある。

 

ブレイクアウェイプラン

ブレイクアウェイプランは、ネットワークビジネスの中でも、
リーダーシップと組織育成力が重要となるボーナスプランです。
一定の人数に到達した組織が独立し、新たな組織を形成していく仕組みとなっており、
独立した組織からも報酬を得ることができます。

■ブレイクアウェイプランの特徴
  • 組織育成力が重要:ダウンラインを育成し、一定の人数に到達した組織を
    独立させることが必要です。
  • リーダーシップが必要:ダウンラインを指導し、モチベーションを維持する必要があります。
  • 収入の上限が高い:組織が大きくなればなるほど、大きな報酬を得られる可能性があります。
  • リスクが高い:組織が独立できない場合は、報酬を得られない可能性があります。
■ブレイクアウェイプランの報酬計算方法

ブレイクアウェイプランの報酬計算方法は、複雑な場合が多いです。
一般的には、以下のような報酬が支払われます。

  • 販売報酬:自分が販売した製品の利益の一部が報酬として支払われます。
  • 組織報酬:紹介した人が販売した製品の利益の一部が報酬として支払われます。組織報酬の利率は、
    紹介した人のランクによって異なります。
  • リーダーボーナス:一定の人数に到達した組織が独立した際に、リーダーボーナスが支払われます。
■ブレイクアウェイプランのメリット
  • 収入の上限が高い:組織が大きくなればなるほど、大きな報酬を得られる可能性があります。
  • リーダーとして成長できる:組織を育成し、リーダーとして成長することができます。
ブレイクアウェイプランのデメリット
  • 組織育成力が重要:ダウンラインを育成し、一定の人数に到達した組織を
    独立させることが必要です。
  • リーダーシップが必要:ダウンラインを指導し、モチベーションを維持する必要があります。
  • リスクが高い:組織が独立できない場合は、報酬を得られない可能性があります。
  • 時間がかかる:組織を育成するまでに時間がかかる場合があります。

 

ハイブリッドプラン

ハイブリッドプランは、複数のボーナスプランを組み合わせた報酬プランです。
ユニレベルプラン、バイナリープラン、マトリックスプランなど、
それぞれのプランの良いところを組み合わせて、より多くの報酬を得られるように設計されています。

ハイブリッドプランの特徴

複数のプランを組み合わせているため、仕組みが複雑で理解しにくい
という特徴があります。

  • 高収入の可能性: 複数のプランの報酬を組み合わせることで、高収入を得られる可能性があります。
  • 組織育成力が必要: 複数の組織を育成する必要があるため、組織育成力が必要となります。
  • リスクが高い: 複数のプランのデメリットも併せ持つため、リスクが高いと言えます。
ハイブリッドプランの代表的な例
  • ユニレベルプランとバイナリープランの組み合わせ: ユニレベルプランで組織の土台を作り、
    バイナリープランで組織を拡大していくプランです。
  • ユニレベルプランとマトリックスプランの組み合わせ: ユニレベルプランで組織の土台を作り、
    マトリックスプランで組織を深めていくプランです。
  • バイナリープランとマトリックスプランの組み合わせ: バイナリープランで組織を左右に広げ、
    マトリックスプランで組織を深めていくプランです。
■ハイブリッドプランのメリット
  • 高収入の可能性: 複数のプランの報酬を組み合わせることで、高収入を得られる可能性があります。
  • 組織の安定性: 複数のプランで組織を支えるため、組織の安定性が高くなります。
  • 組織育成の楽しみ: 複数のプランを組み合わせることで、組織育成の楽しみが増えます。
■ハイブリッドプランのデメリット
  • 複雑な仕組み: 複数のプランを組み合わせているため、仕組みが複雑で理解しにくい。
  • 高額な初期費用: 複数のプランに参加するため、高額な初期費用がかかる場合があります。
  • 組織育成力が必要: 複数の組織を育成する必要があるため、組織育成力が必要となります。
  • リスクが高い: 複数のプランのデメリットも併せ持つため、リスクが高いと言えます。

 

 

◆ネットワークビジネスにクロージングという言葉はそぐわない

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Copyright© 完全在宅ビジネス<オンラインMLM> , 2024 All Rights Reserved.